斎藤茂吉記念館 ナビをスキップ
サイトマップリンク集各種申請お問い合わせ
施設/展示のご案内 ご利用/アクセス 茂吉について 記念館の四季 募集案内 財団と事業
施設の概要 特別展/特別展示 常設展示 記念館の周囲 記念館沿革 特別展/特別展示 −

●特別展/特別展示

蟹仙洞・斎藤茂吉記念館共同企画展
蟹仙洞特別展「画人斎藤茂吉とその周辺」

 



 斎藤茂吉記念館リニューアル工事に伴う休館期間中、蟹仙洞内展示室において、幼少期から晩年に至るまで、絵画に親しむ斎藤茂吉の様子と心情、その作品などを中心に、画作時に影響を受けながら親交した画人らの作品とともに、作歌上につながる姿勢「写生」を貫いた茂吉の一面を紹介します。

会期 平成29年9月13日(水)~10月16日(月)毎週火曜定休
会場 蟹仙洞(公益財団法人蟹仙洞)内展示室
電話:023-6720155

● 主な展示資料 (会期中一部展示替を行います)

■斎藤茂吉画(画讃)

凧絵「桃太郎」 (全紙)

小学習画帖 (25  和綴)

樹陰山房画帖「本沢村側からの蔵王(瀧山)スケッチ画」(綴本)

今宿山より「大石田スケッチ画」(著色:他筆/画用紙)

笹巻図「男子のおひすゑいはふ今日の日にわれは東京の茂一を祝ふ」(半切)

猫柳図「かぎろひの春さり来る最上川うろくづの子もさかのぼるらし」(半切)

栗図「ひむがしゆうねりてぞ来る最上川見おろす山にねむりもよほす」 (半切)

蕗の薹図「のこる雪いまだ厚きに日もすがら最上川べを雲雀啼きのぼる」 (半切)

豊後梅図(色紙)

胡瓜図(懐紙)

小草図(半切)

萱草図(半切)

南瓜図(色紙)

トマト図(懐紙)

牡丹図(半切)

牡丹図(花:つぼみ) (半切)

牡丹図(花:つぼみ) (半切)

芍薬図(半切)

蓮図(赤) (半切)

 

■斎藤茂吉書・原稿・書簡

「実相観入」(半切)

雑誌「アララギ」表紙画解説 昭和1511月号(原稿用紙)・ 雑誌「アララギ」(復刻版)

雑誌「アララギ」表紙画解説 昭和1610月号(原稿用紙) ・ 雑誌「アララギ」(復刻版)

斎藤茂一宛「鯉のぼり」 官製葉書

 

■斎藤茂吉と親交した画人の作品

斎藤茂吉・平福百穂画讃

「玉きはるいのちおさなく女童をいだき遊びき夜半のこほろぎ」(短冊)

斎藤茂吉・川合玉堂画讃

「春山に入り百どりのこゑ聞けばよみがへりこむ心とぞおもふ」(懐紙)

加藤陶綾「斎藤茂吉素描スケッチ画」(写真から模写/画用紙)

加藤淘綾「斎藤茂吉大石田散歩図」(半切)

金山平三「斎藤茂吉スケッチ画/大石田にて」(画用紙)

鈴木信太郎「斎藤茂吉肖像」(画用紙)

結城素明「斎藤茂吉デスマスクスケッチ」(画用紙)

木下杢太郎「斎藤茂吉歌集『赤光』挿絵」

北原白秋「斎藤茂吉像」「アララギ」大正410月号(復刻版)

 

■斎藤茂吉旧蔵品・遺品

手帳17「湯殿山スケッチ画」(帳面)

手帳50「蔵王・瀧山スケッチ画」

西洋絵画絵葉書(茂吉筆書入 大正126月イタリア・フィレンツェにて/4枚)

印章「茂」 (画作時多用品)

愛用画材「絵の具・パレット・筆」等■斎藤茂吉 書
 



主催 公益財団法人蟹仙洞・公益財団法人斎藤茂吉記念館


▲この画面のトップへ