斎藤茂吉記念館 ナビをスキップ
サイトマップリンク集各種申請お問い合わせ
施設/展示のご案内 ご利用/アクセス 茂吉について 記念館の四季 募集案内 財団と事業
施設の概要 特別展/特別展示 常設展示 記念館の周囲 記念館沿革 特別展/特別展示 −

●特別展/特別展示

斎藤茂吉記念館2016特別展

茂吉と戦争

 未刊の戦争詠歌集を中心として



 太平洋戦争時において編纂された斎藤茂吉の幾つかの戦争詠歌集は、終戦とともに未刊に終わり、世に出ることはありませんでした。
 しかし後年、茂吉はその歌集から平和なものを抽出し、既刊歌集に収録しており、歌稿と歌集の対比によって作歌姿勢や編纂内容などを興味深く見ることができます。
 本展では、戦禍に遭遇した茂吉が、歌に込めた思いと激動の戦時下における心情・様子などを作品・資料により紹介します。



*会期:2016年10月1日から2017年3月31日まで
     会期中の休館日:年末年始(12/28・・・1/3)
*会場:斎藤茂吉記念館内 守谷夫妻記念室(地階)



● 主な展示資料 (会期中一部展示替を行います)

■斎藤茂吉 書
   本よみて賢くなれと戦場のわが兄は銭を呉れたまひたり/短冊
   この山にみだるる雲はひむがしのはざま大門に線にたなびく/短冊
   八百萬神ぞ守らすますら男のゆくとふ道にさはりあらめや/半切
   天つ日の光を負へる皇軍は勝鬨あげていのち全けく/半切
   大きなる時にもあるか皇神とわが大君といくさはかります/半切
   おほどかにあらむとすれどある時の心さやぎを静めたまはな/色

■斎藤茂吉 原稿山茂吉が見た原風景チラシ
   歌稿「昭和十二年」/原稿用紙(綴)
   歌稿「昭和十三年」/原稿用紙(綴)
   歌稿「昭和十七年」(歌集『とどろき』)
           /原稿用紙(綴)
   歌稿「昭和十八年」(歌集『くろがね』)
           /原稿用紙(綴)
   歌稿「昭和十九年」/原稿用紙(綴)
   歌稿「昭和二十年」/原稿用紙(折本)
   歌稿「中支戦線 五首」/原稿用紙(額装)
   歌稿 歌集『萬軍』/巻紙
   原稿「満州遊記」/原稿用紙
   原稿「女兵士」/原稿用紙
   原稿「戦時中」/原稿用紙
   原稿「作歌四十年」/原稿用紙(綴)

■斎藤茂吉 書簡
   守谷廣吉宛 昭和5年10月23日/便箋(封書)
   髙橋四郎兵衛宛 昭和19年12月21日/便箋(封書)
   橘馨宛 昭和20年6月5日/葉書
   髙橋重男宛 昭和20年8月17日/薄紙(封書)
   斎藤美智子宛 昭和20年8月21日/巻紙(封書)

■斎藤茂吉著(共著・選)単行本
   歌集『萬軍』昭和20年 私家版
   歌集『萬軍』和63年 紅書房刊
   斎藤茂吉・佐佐木信綱選
     読売新聞社編 『支那事変歌集』昭和14年 三省堂刊
   斎藤茂吉・土屋文明編
    『支那事変歌集』(アララギ年刊歌集特別編)昭和15年 岩波書店刊

■旧蔵品・写真・その他
   荷札/斎藤茂吉旧蔵
   斎藤茂吉歌書日本国旗/写真
   斎藤茂吉徴集猶予願 明治36年1月11日/写真
   斎藤茂吉大学在学中兄二人と/写真
   斎藤茂吉『支那事変歌集戦地篇』書評/新聞切抜

主催:公益財団法人斎藤茂吉記念館


▲この画面のトップへ